生理と生理の間に出血があるのですが、心配はないでしょうか。
一般的に排卵前期から排卵期にかけて起こる出血を中間期出血といい、原因は女性ホルモンの代表格であるエストロゲンの、一時的な分泌の低下による出血と考えられています。出血がごく少量で2~3日間で終わる場合は特に治療は必要ありませんが、他の病気が隠されている場合もあるため、もし出血期間が4~7日間と長く、量も多めで、毎月繰り返される場合も含め一度婦人科を受診して、念のために子宮がん検診などを受けることをおすすめします。
40代半ばなのですが、疲れているのによく眠れない、しかも、寝てもすぐに目が覚めてしまうために疲労が改善されない日々が続いています。
卵巣から分泌されるエストロゲンは、女性の体内で重要な働きをしますが、一般的に45歳頃から徐々に分泌が低下してきます。寝つきが悪い、眠りが浅い、疲れやすいといった症状が長く続く場合は、更年期障害の可能性もあります。医師による問診、血液検査などにより診断でき、治療には漢方薬、ホルモン補充療法などがあります。
13歳で初潮を迎え、1度生理が来た後、1年間生理がありません…。大丈夫でしょうか。
初経が始まって1年~3年の間は月経周期が不順なことが多く、また月経量も多かったり、少なかったりと様々です。このうち3か月以上月経が停止し場合には、一度婦人科を受診してホルモン検査を行ってから治療を受けましょう。
昨年、子宮頸がんの検診を受けたのですが、次の検診はいつ頃受ければよいのでしょうか。
子宮がん検診の対象年齢は20歳以上であり、市町村で行っている検診は各自治体により違いはありますが、一般的に1年に1度行うことが早期発見につながります。20歳を過ぎたら1年に1度、子宮がん検診を受けましょう。
生理前に必ずイライラしたり、食欲が増してしまうのですが。
月経の3~10日前になるとイライラしたり、食欲が増すといった症状は月経前緊張症といい、月経が始まると軽減・消失します。他に腹痛、乳房痛、頭痛、憂うつ、怒りっぽくなるなどの症状があります。はっきりした原因はわかっていませんが、一般的に75%前後の女性が何らかの不快な症状を自覚しています。日常生活に支障をきたすほどつらい症状がある場合は治療が必要です。

お問い合わせ

046-874-7272

診療時間・アクセス

診療時間
午前9:00~12:00
(土曜 9:30~13:00)
午後15:00~19:00
受付時間
午前8:45~12:00
(土曜 9:15~13:00)
午後14:45~18:00
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※セカンドオピニオン外来は土曜のみとなります。

WEB診療受け付けサービス

〒239-0831
神奈川県横須賀市
久里浜1-5-1
鈴栄ビル4階

アクセス