市民健診・予防接種

  • 横須賀市の市民健診
  • 横須賀市の特定健診
  • 風しん予防接種
  • インフルエンザ予防接種
  • 子宮頸がんワクチンの接種
  • 高齢者肺炎球菌ワクチン
  • 横須賀市の中・高校生・大学生におけるMRワクチン
(麻疹・風疹混合ワクチン)について案内

横須賀市の市民健診

子宮頸がん検診・乳がん検診・成人健康診査・大腸がん検診・肝炎ウイルス検診

平成29年度の健診は29年5月1日より、平成30年2月28日までです。

健診をご希望される方は受診券やクーポンがなくても健診を受けることができます。
成人健康診査をご希望の方は電話にて予約してください。
「成人健康診査」以外は、特にご予約は必要ありませんので、お気軽にご利用ください。

検査名 対象年齢 費用・健診内容
成人健康診査
※ご予約が必要になります。
18~39歳 1,230円
身長・体重測定、血圧測定、尿・血液検査、心電図、診察
子宮がん検診 ※1 20歳~ 1,650円
問診、子宮頚部細胞診
乳がん検診 ※1
受診は隔年度に1回
40歳~ 410円問診、視診、触診1230円
(マンモグラフィー撮影は提携医療機関へ依頼します)
大腸がん検診 ※1 40歳~ 510円
便潜血検査
肝炎ウイルス検診 ※2 40歳~ 1,230円
B型肝炎検査・C型肝炎検査

※1 子宮がん・乳がん・大腸がん検診無料検診対象年齢の方は、保健所から送付されたクーポン券を受診の際お持ちください。

※2 肝炎ウイルス検診は満40歳の方は無料です。

横須賀市の特定健診(国民健康保険)

1.健診期間

平成29年度の健診は、平成29年5月1日より、平成30年2月28日までとなります。

2.健診対象者

下記(1)、(2)に該当する方。

  1. 横須賀市民(横須賀市に住民登録している人)
  2. 40~74歳(75歳の誕生日の前日まで)
    40歳~74歳の人には、「特定健診」が健康保険の加入先により実施されています。
    横須賀市国民健康保険被保険者証をお持ちの人には、平成28年5月に「特定健康診査受診券」が送付されます。受診される際には、その受診券と被保険者証を医療機関窓口へ提示してください。
    他の健康保険に加入されている人は、お勤め先または加入している健康保険組合等にお問い合わせください。

3.健診内容

診察・身長・体重測定、腹囲測定、血圧測定、尿・血液検査

4.費用

横須賀市国民健康保険の自己負担額について
自己負担額:1,230円
(健康保険課から送られてくる受診券で確認してください。)
ただし、世帯主及び世帯の国保加入者全員が平成27年度市民税非課税の場合は、自己負担額0円の受診券をお送りしています。なお、自己負担額1,230円の受診券が送られてきた方で、平成28年度市民税非課税となった世帯については、6月に「窓口負担額変更通知書」を送付しますので、それを受診券と合わせて医療機関窓口に提出すると自己負担額は0円となります。
他の健康保険に加入されている方の自己負担額について
特定健診の費用は加入している健康保険により異なりますので、加入先へお問い合わせください。

風しん予防接種のご案内

この予防接種は任意接種で、ご本人が接種を希望する場合に実施するものです。接種を希望される方は、効果や副反応などについて十分に理解したうえで接種を受けて下さい。

1.接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

2.接種対象者

抗体検査・予防接種日時点で横須賀市に住民登録があり、下記 (1)、(2)に該当し、抗体検査で陰性または低抗体価と診断されたことがある方。ただし、明らかに風しんの既往歴や予防接種歴がないと医師が判断した場合は、上記の診断は不要です。

  1. 妊娠を予定または希望する女性
  2. 妊娠している女性のパートナー(胎児の父親)
    ※「パートナー」は、配偶者のほか、事実上婚姻関係と同様の事情にある方を含みます。
ただし、以下の方は対象から除きます。
風しんの予防接種歴がある方
検査で確定診断を受けた風しんの既往歴がある方

3.接種費用

風しん抗体検査:無料
ワクチン:3,000円

(麻しん風しん混合(MR)ワクチン、風しん単体ワクチン(共通)

4.風しんについて

感染は、風しんウイルスの飛沫感染によって起こります。潜伏期間は2~3週間です。軽いかぜ様症状ではじまり、発しん、発熱、首周囲のリンパ節のはれなどが主症状です。このほか、眼球結膜の充血もみられます。発しんも熱も約3日で治るので「三日ばしか」と呼ばれることがあります。合併症として、関節痛、血小板減少性紫斑病、脳炎などが報告されています。

妊婦が妊娠早期に風疹にかかると、先天性風しん症候群(心臓病、白内障、聴力障害など)の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

5.予防接種を受けることができない方

  1. 明らかに発熱のある人(37.5℃を超える発熱)
  2. 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  3. 過去に接種した予防接種でアレルギー反応をおこしたことがある人
  4. 明らかに免疫機能に異常のある疾患を有する場合及び免疫抑制をきたす治療を受けている人
  5. 妊娠している人およびその可能性がある人
  6. その他、医師が不適当な状態と判断した人

お問い合わせ先;横須賀市保健所健康づくり課 TEL:046-822-4317

インフルエンザ予防接種のご案内

10月1日より予約制にて接種いたします。
受付にて予約をお願いいたします。

対象 費用
一般の方 3,500円
65歳以上で横須賀市在住の方 1,700円
65歳以上で三浦市在住の方 2,000円

※65歳以上の方は資格確認のため、保険証をご持参の上受診をお願いいたします。

子宮頸がんワクチンの接種について

現在、積極的勧奨を中止しています。ご希望がある場合には、中学1年生~高校1年生を対象に、無料接種券をお渡ししています。

一般の方および横須賀市の中学1年生~高校1年生対象無料接種券をお持ちの方ともに予約制になります。

  1. 一般の方は電話で予約を行ってください。
  2. 公費による接種をご希望の方は、横須賀市こども健康課 TEL:046-824-7141にお問い合わせください。

子宮頸がん予防ワクチンは2種類あります

ワクチン名 予防効果が認められている
HPVワクチンの形
接種部位 注意事項
サーバリックス
(2価ワクチン)
16型、18型
(子宮頸がん高リスク型)
上腕への
筋肉注射
2種類のワクチンの併用はできません
(1回目~3回目まで同じワクチンの接種になります)
ガーダシル
(4価ワクチン)
16型、18型(同上)
6型、11型
(子宮頸がん低リスク型)

接種スケジュール(ともに3回接種が必要です)

サーバリックス

1回目接種⇒1か月後に2回目接種⇒5か月後に3回目接種

ガーダシル

1回目接種⇒2か月後に2回目接種⇒4か月後に3回目接種

高齢者肺炎球菌ワクチン 予防接種のご案内

1.接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日まで

2.接種対象者

クリーム色のハガキ(助成券)が送付されています。

65歳(昭和27年4月2日生 ~ 昭和28年4月1日生)
70歳(昭和22年4月2日生 ~ 昭和23年4月1日生)
75歳(昭和17年4月2日生 ~ 昭和18年4月1日生)
80歳(昭和12年4月2日生 ~ 昭和13年4月1日生)
85歳(昭和 7年4月2日生 ~ 昭和 8年4月1日生)
90歳(昭和 2年4月2日生 ~ 昭和 3年4月1日生)
95歳(大正11年4月2日生 ~ 大正12年4月1日生)
100歳(大正 6年4月2日生 ~ 大正 7年4月1日生)

 

平成26年度から平成30年度までは、経過措置期間となっており、対象年齢が5歳刻みとなっています。助成の対象となる機会は、年齢によって決まっており、生涯1回のみとなります。

平成31年度からの定期接種の対象者は65歳の方のみとなります。

3.接種費用

3,000円
横須賀市と委託契約した強力医療機関で接種した場合の費用です。
肺炎球菌(23価)の予防接種を受けたことのある方は、ハガキ(助成券)が届いても任意接種となり、3,000円では接種できません。

4.接種回数

1回のみ

横須賀市の中・高校生・大学生における
MRワクチン(麻疹・風疹混合ワクチン)について案内

接種を希望される場合はお電話で予約の上、保健所より配布された個人票(保護者欄にご署名をして)をお持ちください。

お問い合わせ

046-874-7272

診療時間・アクセス

診療時間
午前9:00~12:00
(土曜 9:30~13:00)
午後15:00~19:00
受付時間
午前8:45~12:00
(土曜 9:15~13:00)
午後14:45~18:00
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※セカンドオピニオン外来は土曜のみとなります。

WEB診療受け付けサービス

〒239-0831
神奈川県横須賀市
久里浜1-5-1
鈴栄ビル4階

アクセス