卵巣腫瘍

卵巣腫瘍とは

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、通常では2~3cmぐらいの大きさで、この子宮で発生した腫瘍が「卵巣腫瘍」であり、大きいものでは30cmを超えることもあります。「卵巣腫瘍」には様々な種類があり、発生起源から表層上皮性・間質性腫瘍、性索間質性腫瘍、胚細胞腫瘍などに大別され、さらに良性腫瘍、境界悪性腫瘍、悪性腫瘍があります。自覚症状として腹部膨満感、下腹部痛、頻尿などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、大きくなったり腹水が溜まったりしてから症状が出現することが多いのです。

治療

問診に続き、触診・内診と検査を行い「卵巣腫瘍」の有無を診断します。このとき超音波検査で腫瘍が嚢胞性(ふくろ状)の場合の多くは良性腫瘍ですが、充実性部分(かたまりの部分)と嚢胞性部分が混在する場合、全体がかたまりの場合などでは悪性腫瘍や境界悪性腫瘍を疑います。さらに、詳しく調べる必要があると判断された場合、MRI検査や腫瘍マーカーの測定が行われます。これらの結果から総合的に良性腫瘍なのか悪性腫瘍や境界悪性腫瘍なのかを判断します。ただし精度には限界があり、最終的には手術で摘出した腫瘍の病理組織検査によって診断が確定します。治療は手術療法が原則であり、悪性腫瘍の場合、その多くは術後の抗がん剤による化学療法が必要です。手術療法は術前の諸検査により良性腫瘍と診断された場合、腫瘍だけを摘出し、卵巣実質を温存する術式が選択されます。最近では体への負担が軽い腹腔鏡下手術が多く行われていますが、腫瘍の大きさや性状、腹部手術の既往などによりその適応は制限されるため、医師とご相談下さい。

お問い合わせ

046-874-7272

診療時間・アクセス

診療時間
午前9:00~12:00
(土曜 9:30~13:00)
午後15:00~19:00
受付時間
午前8:45~12:00
(土曜 9:15~13:00)
午後14:45~18:00
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※セカンドオピニオン外来は土曜のみとなります。

WEB診療受け付けサービス

〒239-0831
神奈川県横須賀市
久里浜1-5-1
鈴栄ビル4階

アクセス

女性と医師をつなぐ、ルナルナ メディコ