子宮筋腫

子宮筋腫とは

子宮を構成する壁である子宮筋層にできる「こぶ」のようなかたまりで、女性ホルモンであるエストロゲンにより大きくなります。産婦人科医が最も多く遭遇する腫瘍ですが、多くは良性腫瘍です。発生場所で症状は多少異なりますが、最も多く認められる症状は月経量が多くなる過多月経という状態です。これに伴い貧血、下腹部痛、腰痛なども起こります。また腫瘍の場所によっては不妊の原因にもなります。発生部位により以下の3つの状態に分類されます。

粘膜下筋腫

子宮内腔に発生します。子宮の壁にぶら下がったものや、子宮口からとび出したものがあります。症状はもっとも強く、月経時の出血量が多くなり、月経痛がひどくなります。

筋層内筋腫

子宮の筋層内にでき、繰り返す可能性が高く、月経痛や過多月経などの症状が起こります。

漿膜下筋腫

子宮の一番外側を覆う漿膜直下にでき、子宮の外側に突き出したり、子宮と細い茎で繋がっているものがあります。子宮の内側を圧迫しないという特徴があり、大きくなっても自覚症状が起こりにくいと言われています。

症状

過多月経、貧血、貧血による動悸・息切れ、月経痛、腫瘍が大きくなると頻尿、便秘  固い腫瘍の触知など

検査と治療

問診、血液検査にて貧血の有無などを調べます、超音波検査、必要にてCT、MRI検査などを行いますが、ほとんど超音波検査で診断できます。

子宮筋腫の治療には、大きく分けて手術療法と薬物療法があります。

治療

症状がない場合や閉経が近い場合は、定期検診のみで経過観察する場合もあります。治療が必要な場合は、大きく分けて手術療法、薬物療法を行いますが、両者を組み合わせた治療もおこないます。また、治療は年齢によっても異なります。

手術

開腹手術と腹腔鏡下手術 (内視鏡を使って手術します)があります。

  •  筋腫核出術・・・筋腫のこぶだけを摘出します。
  •  子宮全摘出術・・・妊娠の希望がない場合子宮を摘出します。

薬物治療

  •  対症療法 (鎮痛剤や漢方薬など)
  •  経口避妊薬(低用量ピル)
  •  GnRHアゴニスト 脳から卵巣に分泌されるホルモンを減らすことにより、卵巣から分泌されるホルモンを抑えて一時的に月経が来ないようにします。手術の前にこぶを小さくする目的で使用したり、貧血が強い場合などにも使用します。

GNRHアゴニスト療法について

症状がない場合や、筋腫が極小さい場合は、定期検診のみで経過観察する場合もあります。 この薬物療法(GnRHアゴニスト療法)は、以下のように一時的に筋腫を小さくして症状を和らげる、筋腫への血流を減らす、手術を行いやすくする、などの利点があります。

筋腫核手術の前治療
筋腫核手術の前治療として筋腫のサイズを小さくしながら手術中の出血量も減らします。
手術前に貧血を抑制し筋腫を小さく
月経時の非常に多い出血などにより、強度の貧血を起こしているときの症状を改善したり、大きな筋腫や複数ある筋腫を小さくして手術が行いやすくなります。
すぐに手術が不可能
家庭や仕事の都合などですぐに手術ができない場合に行われる療法です。
閉経が近い
閉経が近い人は、症状をコントロールしながら、閉経を待つ方法があります。症状や筋腫の大きさを考慮したうえで、治療を行いながら月経を止め、手術をしないでそのまま経過観察します。

お問い合わせ

046-874-7272

診療時間・アクセス

診療時間
午前9:00~12:00
(土曜 9:30~13:00)
午後15:00~19:00
受付時間
午前8:45~12:00
(土曜 9:15~13:00)
午後14:45~18:00
休診日
水曜・土曜午後・日曜・祝日
※セカンドオピニオン外来は土曜のみとなります。

WEB診療受け付けサービス

〒239-0831
神奈川県横須賀市
久里浜1-5-1
鈴栄ビル4階

アクセス

女性と医師をつなぐ、ルナルナ メディコ